Home » Hikagenohana_Tsuyunoatgosaki KyorinsyaBunko by Kafū Nagai
Hikagenohana_Tsuyunoatgosaki KyorinsyaBunko Kafū Nagai

Hikagenohana_Tsuyunoatgosaki KyorinsyaBunko

Kafū Nagai

Published September 13th 2014
ISBN :
Kindle Edition
140 pages
Enter the sum

 About the Book 

荷風が明治四十一年(一九〇八)七月に米国、フランスから帰国したあと、『ふらんす物語』『あめりか物語』『すみだ川』などを発表し、新進作家として注目されます。そして、明治末年から大正年にかけて一連の花柳小説『新橋夜話』『夏すがた』『腕くらべ』『おかめ笹』を発表。しばらくのブランクの後、昭和二九年の『かし間の女』『つゆのあとさき』『ひかげの花』など私娼物が取り上げられ、そして玉ノ井を舞台にした名作『濹東綺譚』へと続きます。本書では、私娼物の代表作である『ひかげの花』と『つゆのあとさき』More荷風が明治四十一年(一九〇八)七月に米国、フランスから帰国したあと、『ふらんす物語』『あめりか物語』『すみだ川』などを発表し、新進作家として注目されます。そして、明治末年から大正7年にかけて一連の花柳小説『新橋夜話』『夏すがた』『腕くらべ』『おかめ笹』を発表。しばらくのブランクの後、昭和二~九年の『かし間の女』『つゆのあとさき』『ひかげの花』など私娼物が取り上げられ、そして玉ノ井を舞台にした名作『濹東綺譚』へと続きます。 本書では、私娼物の代表作である『ひかげの花』と『つゆのあとさき』とを収録しました。 「ひかげの花」は、重吉とお千代を主人公としています。重吉は、はるか年上の未亡人(と自らは称していたが、実際は妾をしていた)種子と長く同棲し、実質的に彼女に養われているに近い自堕落な立場に慣れてしまいました。種子の死後、家事手伝いに来ていたお千代とできてしまい、夫婦暮らしをはじめますが、種子の遺産も底を尽き、ここからお千代の私娼への道が、斡旋を内々の生業とするばあさんに導かれるままに始まります。お千代は秘密にしていたつもりが、重吉にはとうにわかっていて、重吉公認の私娼生活が展開し